スタッフ公式ブログ

ウイルス・ワクチン

新型コロナウイルスの非常事態から、さらに”生きる”について考えてみました。

いきなりノミの話ですが、ノミは自身の100倍以上の跳躍力を持っています。体長は2ミリ程なのに、何と30センチと150倍も飛び跳ねます。170センチの人なら255メートルも高く跳躍することになります。 しかし、このノミをたった15センチ程の深さのガラス瓶に入れて、ふたをして3日間した後、ふたを取ってみると、ノミは出ることが出来ません。今まで30センチも飛び跳ねることが出来たのが、半分以上飛べなくなっていたのです。 この例えは、生きる力や能力も環境により、自ずから閉ざされてしまうことを言っています。
さて、今回、コロナの報道は、NHKを始めそろって異常な報道を繰り返しています。今までのコロナの感染状況を客観的に調べてみると、分かりやすくインフルエンザと比べてみます。 アメリカでは年間8万人がインフルエンザで死亡し、中国では、2019年1月だけで60万人以上の患者(感染者はそれ以上です)が報告されています。ちなみに日本でも年間1000万人近くの感染があり、1000人以上の死者が出ています。 日本では、インフルエンザの患者が1週間に40万人を超えると始めて“注意してください”と「注意報」を出します。 ところが、今回このコロナでは、たった数十名の段階から感染拡大と、データを冷静に読めば明らかに“過大”な大げさな表現をしていました。それで恐怖心を煽り続け、さらに経済に悪影響を及ぼす政策を取る流れになってしまいました。 さんざん不安を煽る、似たような民放の影響で、先程のノミの例のように一般市民は萎縮されてしまったと思っています。 この流れでは、これからの本当の恐ろしい非常事態宣言の予行演習を演じられ、この後のワンワールドオーダーの世界へ押しやられるのではないかと危惧するものです。(杞憂で終わればありがたいですね。予防は、チョコラBBプラスです(ブログ2020.02.23参照)。) コロナウイルスは今までの風邪のウイルスの一種でしたし、インフルエンザも含めて風邪の予防は大切なものです。 しかし、異常な除菌(ウイルスは菌ではありませんし、本来除菌ではなく、除去だけです)や、過剰な手洗いうがいはどんなものでしょう。
ウイルスは、本当に悪者でしょうか? 本来、私たち人間は生命の誕生からウイルスの影響を受け続けて来ています。 数百憶種類あると言われるウイルスとは、他の生命を含め、私たちの生と共存しているものです。手にも、どこにでもバランスを保って共存しています。本来、良い悪いはなく、縦糸と横糸との関係のように共存関係であり、時に悪さをしているように見られる面もありますが、普段は意識せず共生しているのです。 さらに、私の考えですと、ウイルスは構造から考えると生命の情報である遺伝子がちぎれたもので、それゆえ生命でないと言われているのですが、生命間をやり取りする情報であり、自然界のバランスを支えている存在だと思います。人間を含めた動物や植物、真菌、細菌など自然環境を形成している精妙なバランスを築く上での情報のやり取り役が、まさに便りとしてあちこち必要に応じて生じるウイルスではないでしょうか。 これは、人間の体内のバランスを保つ上でやり取りされている、エクソソーム(ブログ2019.10.01参照)などの顆粒と同じではないでしょうか。 体内環境の悪化により、このエクソソームは時にがん化の便りを体内に伝えています。同様に、地球の自然環境の変化を絶えずウイルスなどが情報のやり取りをして、地球の自然環境を守るべく走り回っているのでしょう。 死は必ず訪れます。その死の一つの要因は、自然環境のアンバランスにあります。東洋医学、哲学では死は、「役目が終われば、死という自然淘汰を与えられる」と捉えています。私たちが自然環境の中で生かされている立場を鑑みるならば、ウイルスを悪者にする前に、私たちの生活習慣や社会、文化を含めた生き方をもう一度深く考えてみてはいかがでしょうか。 自然の中で生かされていることへ、今以上に謙虚になり、感謝して過ごして行きませんか。 今年は“庚子(かのえね)”、60年に一度の激動の年と言われています。自然災害もさらにひどい状況になるでしょう。 周りに振り回されずに、時に瞑想し、呼吸を整え、心を落ち着かせて、生かされていることに謙虚に、感謝して過ごして行きましょう。 ただし、今回の新型コロナは重症化率が高いので、密集、密閉、密接の「3密」にならないよう、不要・不急を外出をひかえつつ、免疫を落とさないよう食事にも気をつけて行ってくださいね。

新型コロナウイルスのとらえ方と対処法

今、中国の武漢から始まった新型コロナウイルスが広がりつつあります。 以前、中国で広まったSARS以上の広がりを見せつつあります。 SARSの拡大の時には、漢方で予防をしていました。それは、補中益気湯、麻黄湯です。 これらは、体温を上げながら、免疫を高めることで、感染予防に貢献できるものです。 今、インフルエンザに対しては、タミフルを始め新薬のゾフルーザなどが使われていますが、耐性菌が出来て大した効き目はありません。その一方で、異常行動のような危ない副作用があります。 しかし、漢方ではこのような異常行動の報告はなく、副作用といえるようなものはほとんどありません。しかも、薬価も安く、処方箋なしでも購入することが出来ます。 ところが、今回の新型コロナウイルスは変異が盛んで、漢方などの対応でも難しいようで、このような情報は今回ではありません。 また、新型コロナウイルスの感染源は全くとらえることが出来ません。 ちなみに、風邪の原因ウイルスにはラノウイルス、アデノウィルス、RSウイルス等200種類以上あるとされていますが、コロナウイルスも15%くらい影響しているとされています。その一般のコロナウイルスが、人間の営みによる自然環境の悪化により、ある時、毒を持たない魚やキノコが毒を持ち始めたように突然変異して悪性度を高め、さらに百一匹目の猿現象のようにあちこちに変異が飛び火し始めた状態になったのではないでしょうか? 自然界の中で、悪さもせず存在していたウイルスが、環境悪化により生き延びるために、あるいは、環境浄化のため(この場合は、悪化原因の人類を減らすためも入ります)に、遺伝子変異を起こし何とかしようとしている姿なのかもしれません。 まるで、がんの発症機序と同じではありませんか。(がんのブログ参照) さらに、とても早く遺伝子変異を繰り返すウイルスなので、その遺伝子の特徴をとらえきれないでしょう。ワクチンなどはとても出来ないでしょうし、薬での対処もすぐ効果を失うことが分かります。
では、どうしたら良いでしょう? 今までのプラズマ療法のブログを読んで頂いている皆様なら、特にがんの原因を理解している方々であれば分かるのではないでしょうか。 そして、今回とてもありがたい情報を頂きました。 それは、いつもがんのサポートをするときにコラボとしてお願いしている癌活性消滅療法(CEAT療法)の先生方からの情報ですが、何と新型コロナウイルスにチョコラBBプラスが有用とのことです。確かに、他のビタミンB類のビタミン剤やサプリがありますが、O-リングテスト(科学的に検証されています)で、何故かこれが良いとのことです。 ちなみに、チョコラBBプラスの成分は、以下の通りです。(2錠分)   リボフラビンリン酸エステルナトリウム(V.B2)・・・38mg   ピリドキシン塩酸塩(V.B6)          ・・・50mg   チアミン硝化物(V.B1)            ・・・20mg   ニコチン酸アミド                ・・・40mg   パントテン酸カルシウム             ・・・20mg 何とビタミン剤です。 そして、予防のための飲み方は倍量飲みます。つまり、1日2回、1回2錠ずつです。 ビタミンB2には、細胞再生、粘膜保護作用があり、免疫系を活性化します。そして、エネルギー通貨であるATPの生成にも関与します。 また、ビタミンB6には、抗菌、抗ウイルス作用があったり、免疫力を正常に保つ働きの他、抗酸化の働きを助けたりします。 これで新型コロナウイルスの不安から解放されますね。 ぜひ、このチョコラBBプラスで予防して、皆様の健康にお役立てください。