スタッフ公式ブログ

スピリチュアル

アーシング・グランディング~素足で歩こう!

前回、海の癒しの力をご紹介しましたが、そこから派生した「素足になって直接大地に触れる」というカルフォルニア発祥のシンプルな健康法“アーシング”があります。

「ただ地面に触れるだけ」ですが、心身にとって有益な効果があるのです。

“アーシング”とは靴やソックスを脱いで、足の裏の素肌で地球と直接つながることです。ヨガ・スピリチュアルではグランディングとも言います。

現代に生きる私たちは、屋内ではカーペットやフローリング、外ではゴム底の靴で暮らしています。また、私たちの体は電気を通しやすく、携帯電話や電化製品等が発する電磁波の中で生活しているため、体内は“帯電”した状態になっています。化繊や血流でも静電気は発生します。

この体内に溜まった静電気は、体のさまざまな不調の要因になり、自律神経やホルモンバランスや免疫力に悪影響を及ぼしています。現代人に多いアレルギーや倦怠感から、足の冷えやむくみのある人は、電気が帯電している可能性があるかもしれません。

そこでアーシングを行えば、ちょうど電化製品のアースのように、体に溜まった余分な静電気を地中に放電することができ、同時に大地から電子を取り込むことができます。その結果、体の機能の活発化が期待できるのです。

では、ここで日本の海洋療法の第一人者、琉球大学教授荒川雅志氏が推奨するアーシングメソッドをご紹介します。

朝日を浴びながら、きれいな広いビーチで行うのが理想的です。

ビーチをゆっくり往復しますが、行きは5~10分ほどかけて砂がふかふかしている部分を歩き、帰りは同じ時間で波打ち際を歩きます。砂の上は歩きにくいのでちょうど良いエクササイズになりますし、足裏の心地良い刺激によって血行が良くなることで、リラクゼーション効果も生まれます。

また、イメージも大切です。足裏で地球とのつながりを感じながら、母の胎内や生命誕生の地を思い浮かべてください。そして自分の過去、現在を振り返り、明るい未来を想像してください。

「海が近くにない」という人でも問題はありません。先生によれば、半年に1回ほどであっても、浜辺でアーシングを行うことで、心身への好影響が期待できるといいます。もちろん、アーシング自体は浜辺だけに限らず、近所の公園や土手でもできます。

私が学んでいる杏林予防医学研究所アカデミーでは、研修に必ず早朝ウォーキングがあり、そこでは京都鴨川の土手でアーシングを行っています。冬場はとても寒くて足が痛くなり、長くは出来ませんが、とても良い体験です。

現在は、毎朝、地元山梨県甲府市の荒川沿いをウォーキングしながら、川沿いの芝生の上でアーシングをしています。今の時期には、甲府市の鳥カワセミに出会ったり、鳩、ムクドリ、ツバメ、鴨、鵜から鯉、カニなどに出会います。川のせせらぎで細胞を調律しながら、ぜひ身近な自然の中でアーシングをして見てくださいね。

「他人のため」の行動は不安をやわらげます!

アメリカのシアトルパシフィック大学で、医者から不安症またはうつ病と診断された47人の男女を対象に、2つのグループに分けて行った研究があります。

一つは、自分が変えたいことを気にして頑張った「セルフイメージゴール」のグループと、もう一つは、他人への貢献、他人に何かしてあげようということを目標に頑張った「コンパッションゴール」のグループです。

この2つの目標を設定し、6週間過ごしてもらいました。その結果、セルフイメージゴールのグループは人間関係にトラブルを起こす確率が高く、うつや不安の症状が悪化することが分りました。

ただ、目標(自己目標)を立てて「自分を変えよう、自分の弱点を変えよう」と思えば思うほど、不安やうつが悪化していくということなのです。

一方のコンパッショングループは、目標(他己目標)を立てたことによって、不安とうつの症状が改善し、人間関係のトラブルも起こしにくくなりました。

実は「他人のために何かしよう」と思うだけでも、大きな効果があるのです。例えば、高血圧が改善するなど、メンタルだけでなく肉体的にも良い影響を及ぼすことが分っています。

この研究では、フォローアップ実験として、参加者の家族や友人、配偶者への聴き取りも行われました。その結果は、やはり、コンパッションゴールを立てたグループは、周りの人間から見てもメンタルが安定し、周囲との人間関係が良くなっていることが分りました。

つまり、「自分のため」ではなく、「他人のため」を目標にするほうが、主観的にも客観的にも良い効果が出ることが分かったのです。

「他人から認められよう」とか「自分の欠点を直そう」などと自己目標を立てて頑張るのは、自信をつけるという意味では役に立たないどころか、うつや不安症を悪化させる可能性があるのでやめた方がいいということです。

そして、以前にご紹介したように、人のために「祈る」ということも、このことと通じます。

お金や時間がないと言い訳して何もしないよりは、祈ったり、また「他人のために何かしてあげよう」と思うだけでも自身の心身に良いことになります。

突然の不運に合われて、辛い時もあるでしょう。その時は確かに、嘆いたり、悲しんだりするでしょう。しかし、逆にその意味を考え、あるいは、残された状況を把握し「この状況にとらわれている間はない。自分は他人のためにやることがあるんだ」と強く思い、環境を整えて行ってください。きっと幸運の女神が微笑んでくれることでしょう。

 

(参)究極のマインドフルネス

近未来の医療技術”メッドベッド(量子ヒーリングベッド)”はプラズマ療法の進化版では?

昨年の情報に、アメリカが持っている先進技術6000件を解放するというものがありました。しかし、トランプが明らかな不正選挙で落選させられたため、闇に葬られようとされていましたが、医療に関しての先端技術「メッドベッド(量子ヒーリングベッド)」の情報が流れていますのでご紹介します。


この「メッドベッド(量子ヒーリングベッド)」は、トランプが使用していることでも有名になっています。大きく3種類存在しますが、大まかに伝えると「ほぼ全ての病気を治療できる夢のようなベッド」であるとされ、以下の効果があるとされています。

 

・外科手術が必要な外傷、細胞の回復やDNAの修復・再生・若返りなどさまざまな機能がある

・がんや循環器系疾患、難病等の治療も可能

・DNA修復により先天性疾患も治療可能

・一説では最大3倍寿命の延伸

・臓器移植、手足の欠損、組織の欠損等の再生、回復

・心的外傷後記憶、PTSD等の苦しみからの解放

 

これらはタキオンとプラズマ技術を使って治療されるというものです。このような超技術は当然、人間離れしたものであり、当然そちらからの情報です。これからの世界の流れを示唆しているのです。

そして、これらの効果を見てみると、プラズマ療法自体がメッドベッドであり、先取していることが分ります。

がんや循環器疾患、神経難病、副腎疲労、精神疾患から先天性疾患への症例は、プラズマ療法で実証済です。

安心、安全、安価にがんを治療でき、先天性疾患に結果を出し、アンチエイジングへの有効性はプラズマ療法が結果を出しています。

そして、今後この異次元のメッドベッドが世に出回り始めた時には、プラズマ技術を使ったプラズマ技術はその先駆けとして再評価され、大いに見直されるでしょう。

人間も医療も、今後益々加速度的に変わって行きます。

受診して、検査してもらって、病名を付けてもらって、薬を出してもらってという人任せ、他力本願的な医療も問題ですが、根本的に生き方が変わっていく技術がもうすぐ来るようです。

生かされて生きていく意味を自覚して、自立した生を送る転換期です。儲かるためでなく、人のために何が出来るか、どうしたら周りと笑顔で過ごせるかを自問自答しながら、楽しんで行きましょう。

「数字は宇宙の共通言語」、数字のエネルギーを利用してみましょう。

「存在するものは、すべて数字であらわすことができます。」これは、古代ギリシャの数学者・哲学者として有名なピタゴラスが言った言葉です。 そして、数字には個数や長さ・重さをあらわす「記号」という側面と、波動を持つ「メッセージ」という側面があります。 今回、数字を利用することで、各種のヒーリングセラピーを駆使して、健康・人間関係・恋愛・仕事・生き方などのさまざまな問題解決のサポートをされている鈴木みのり氏の「『数字マンダラ』が幸せを呼ぶ」から、数字のエネルギーをご紹介します。
数字には、記号とうい側面と、波動を持つ「メッセージ」「エネルギー」という側面があります。数字を日常の中に取り入れることで、それぞれの数字のよい波動を取り入れることが出来ます。 「この数字のようなエネルギーが欲しい」と感じた時に、その数字を以下のようにして常に見ることが出来たり、意識出来るように利用すると良いでしょう。 「数字をデザインしたアクセサリーを身につける」 「スマホの待ち受けに数字を表示させる」 「持ち物に数字を書いたり、数字シールを貼ったりする」など
それでは、それぞれの数字の持つ意味と、その波動・エネルギーをどのような場面で利用すれば良いのか、そのご説明をします。   「1」の意味~始まりや根源 【場面】決断力・行動力が欲しいとき、何かを始めるとき 「2」の意味~陰陽のバランスと調和がとれていること 【場面】パートナーといい関係を築きたいとき、調和のとれた穏やかな状態でいたいとき 「3」の意味~三位一体で向上していくこと、コミュニケーション、表現、楽観的 【場面】思いきり楽しみたいとき、芸術やスポーツなどをバランスをとって表現したいとき 「4」の意味~現実、保守的、基盤作り、経験から学ぶ 【場面】仕事・勉強・貯蓄でコツコツ成果を上げたいとき 「5」の意味~自由、好奇心、変化、中心性 【場面】元気がなくエネルギーが欲しいとき 「6」の意味~家庭的、養育する、結び付く、生まれる、無償の愛、母性的 【場面】人の役に立ちたいとき 「7」の意味~探求、哲学、神秘的 【場面】探求して真実を突きとめたいとき 「8」の意味~末広がり、野心・お金といった現実とスピリチュアリティとのバランス 【場面】お金と権力と繁栄が欲しいとき 「9」の意味~完結、慈愛、幸運、広がり、全体意識 【場面】才能を開花させたいとき 「10」の意味~すべてのもの、全宇宙、完全、完成 【場面】困難な状況を打破して夢を叶えたいとき 「11」の意味~パートナーとのバランスをとる、目立つ、宇宙のメッセージを伝える 【場面】オーラを発揮し発言力を高めたいとき 「12」の意味~大自然の大きな愛と調和に満ちたエネルギー 【場面】自然のリズムと一体になりたいとき 「13」の意味~コントロール、支配力 【場面】多くの人をよい方向に導きたいとき 「14」の意味~個性的なものどうしを仲良くさせるというエネルギー 【場面】上手にひとつにまとめあげたいとき 「15」の意味~あらゆることのバランスを整えるエネルギー 【場面】人生のバランスを取りたいとき   あなたが利用してみたい数字は何ですか? 自分の能力を発揮したい方向に、上手く数字を利用して運気を上げて行ってみてくださいね。   (参)「数字マンダラ」が幸せを呼ぶ